受付時間:平日9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
06-6456-5223/大阪
03-6740-6001/東京

機能紹介

01

情報共有機能

感染対策に関する情報伝達や資料の
一元管理・共有が行える

  • 機 能

    ICTからのお知らせや会議資料の共有を効率的に行えます。
    感染原因菌ごとに設定した条件で警告表示も可能です。
  • 導入効果

    感染対策のWEBサイトが立ち上がり、感染対策に関する情報の伝達、共有が行えるようになります。
    感染対策マニュアル、感染症発生時の届出の共有が行えます。
  • お知らせ表示画面

02

サーベイランス支援機能

各種デバイス・手術のサーベイランス
情報の収集・分析を支援

  • 機 能

    患者移動歴やバイタル情報、微生物検査結果を自動的に取り込み、日々の観察記録と合わせて、BSI・UTI・VAP・SSIの感染判定が行えます。
    感染疑い抽出機能によりシステムが自動で対象者をリストアップする為、より注視すべき患者に時間を掛けられます。
  • 導入効果

    電子化したワークシート情報と自動収集した関連情報をもとに感染が疑わしい患者を自動抽出することができます。
    それによりリアルタイムな介入が可能となり、効率的で質の高いサーベイランスを支援します。
  • 基礎情報入力画面

  • 感染疑い患者抽出画面

03

ラウンド支援機能

対象者・関連情報を自動収集し
ラウンド業務を大幅に効率化

  • 機 能

    バイタル情報、検査結果、使用中抗菌薬の情報から、ラウンド対象者が自動で抽出されます。詳細画面ではラウンド結果の記録、感染判定、実施管理が同一画面で行えます。環境ラウンドの記録、フィードバック用の報告書出力が行えます。
  • 導入効果

    リアルタイムに自動集積した情報を元にラウンド対象者の抽出と関連する情報の表示を行います。資料作成が容易に行えますので、準備期間が大幅に削減できます。
  • 耐性菌ラウンド画面

  • 環境ラウンド画面

  • 環境ラウンドフィードバック報告書

04

患者配置マップ機能

院内感染の未然防止や
感染経路の調査を自動化

  • 機 能

    詳細情報、接触者一覧を視覚的に分かり易く表示します。
    患者ごとの感染防止対策チェックリストも情報共有できます。
  • 導入効果

    リアルタイムに保菌者数、所在を確認でき病棟マップに視覚的に表示することで 院内の情報共有が円滑になります。
    アウトブレイクの早期発見や、接触者一覧から感染経路の調査に役立ちます。
  • 病棟マップ画面

  • 患者詳細画面

  • 同室者検索画面

05

職員感染管理機能

職員感染報告を一元管理でき
検診までフォローアップ可能

  • 機 能

    針刺・切創、皮膚・粘膜汚染、菌・ウイルス接触感染について発生届けを各病棟から登録できます。登録内容を元に定期検診の予定を自動作成し、受診状況が管理できます。職員の日々の症状サーベイランスも可能です。
  • 導入効果

    届出用紙が不要となり、職員感染報告が一元管理でき定期検診のフォローアップも容易に行えるようになります。
    病棟ごとに職員、患者の症状モニタリングを行うことで早期対応が可能となります。
  • 事故報告入力画面

  • 検診フォロー画面

  • 職員・患者症状サーベイランス画面

06

職員抗体・ワクチン接種管理機能

ワクチン接種率の向上
抗体のお問い合わせ軽減につながる

  • 機 能

    職員の抗体情報やワクチンの接種情報を一元管理します。予防接種の案内状、職員健診の報告書を作成することも可能です。
    また、職員各自が自身の抗体情報、ワクチン接種歴を確認できます。
  • 導入効果

    職員抗体情報管理を効率化し、職員への院内感染を未然に防止することができます。
    職員の抗体保有率の向上、抗体の問合せ軽減につながります。
  • あなたの抗体価

  • ワクチン接種案内

  • 職員抗体一覧画面

07

抗菌薬適正使用管理機能

抗菌薬の投与患者・投与量を
自動収集し、AST活動を支援

  • 機 能

    注射、処方オーダと連携することで、抗菌薬の届出管理がリアルタイムに行えます。特定の抗菌薬を使用している患者の薬物血中濃度、腎機能、併用している薬剤が日ごとに確認でき、投与計画の確認や、修正が容易に行えます。
  • 導入効果

    抗菌薬が適正に使用されているかをチェックし、介入することで、患者の身体的負担を減らし、抗菌薬の使用量の抑制に効果があります。
    特定期間の介入記録を出力することで、AST活動実績報告書としても活用できます。
  • 抗菌薬ラウンド画面

  • 抗菌薬詳細画面

  • 抗菌薬使用状況推移集計

08

eラーニング機能

感染対策の学習・講習会
フォローアップを支援

  • 機 能

    院内にeラーニングの環境を構築します。
    講習会の受講状況や試験の合格率の集計が容易に行えます。
  • 導入効果

    電子カルテ端末から参照することで、効率よく感染対策について学習することが可能となります。
    アンケートや、講習会に出席できなかった職員に対しての動画配信にも活用できます。
  • eラーニング回答画面

09

統計・データ出力機能

多様な種類の帳票で
資料作成時間を効率化

  • 機 能

    抗菌薬使用状況やアンチバイオグラムの作成、各種レポートも実用的な形式で使用いただけます。JANISやJACCS等サーベイランス事業向けのデータ出力にも対応しています。
  • 導入効果

    多様な種類の帳票でこれまでの資料作成時間を効率化します。帳票の選択と期間選択のみで出力操作も容易です。
  • 帳票出力画面

  • 病棟別手指衛生状況集計

ICT Mateに関する製品紹介資料のご請求は
こちらからお申し込みいただけます。

ICT Mateに関する説明、費用、
デモのご依頼については、
こちらからお問い合わせください。